「Microsoft Office」および「Office 365 」についての詳細

Officeと言えば、Office 365について言及しなければなりません。Office365は、Microsoftが一押しのメインバージョンであり、非常にコストパフォーマンスの高いOfficeソフトウェアでもあります。両社の違いは何ですか?

Office 2019ユーザーは、一度購入することで、一つのコードが与えられ、永続的に使用することができます。 つまり、購入が成功すると、このオフィスソフトウェアはとあるコンピューターとアカウントにバインドされ、このコンピューターでのみ使用できます。 マイクロソフトはセキュリティとパフォーマンスの更新を提供しますが、新機能は提供しません。 Officeの新機能を使用したいユーザーは、次世代のOfficeシリーズの製品が購入する必要があります。

Office 365は、年ごと購読するラウドソフトウェアです。 Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Publisherなどの使い慣れた従来のOfficeソフトウェアを統合し、これらのソフトウェアがOneDriveクラウドストレージサービスと組み合わせて、誰でも任意のデバイス(Windows PC / Mac、タブレット、携帯電話)を使用し、いつでもどこでもコンテンツを作成、共有、編集できます。 さらに、ユーザーの使用体験最適化するために毎月無料で更新されます。

Office 365のHome Editionの場合、Office 365 Home Editionは6ユーザーをサポートします。各ユーザーは個別のアカウントと1TBのクラウドストレージスペースを持っています。各ユーザーは同時に5台のデバイスにログインできます。つまり、同時に合計30台のデバイスにログインできます。

Office 2019には、最大でWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Access、Publisherが含まれています。

上記に加えて、Office 365にはOneDriveとSkype for Businessも含まれています。

では、これらのソフトウェアはどのような機能を持っていますか? 以下に詳しくご紹介します。

1.Word

Wordの全称はMicrosoft Office Wordです。 Wordは、オフィスソフトウェアの中で最も使用され普及率の高いソフトウェアです。多くの人にとっても、OfficeはイコールWordです。
Wordは常に最も人気のある文字処理プログラムです。 Wordは、Officeのコアプログラムとして、使いやすいドキュメント作成ツールのほか、複雑なドキュメントを作成するための豊富な機能セットを備えています。 Wordのテキストの書式設定や画像処理を少しを使用すると、単純なドキュメントをよりも魅力的にすることができます。 最新の2019バージョンには、デジタルペンで描画および書き込んだり、数式でLaTeX構文を使用したり、3D画像を使用してすべての角度を取得したりするなども用意されています。
しかし、一般の人にとって、wordはドキュメントの作成と編集、テキストファイルの変更と保存、情報の記録、論文の作成などに使用されます。これらの機能は非常にシンプルで便利なため、wordは非常に人気があります。

2.Excel

Microsoft Office Excelはデジタル表計算ソフトウェアです。 直感的なインターフェイス、優れた計算機能、グラフ作成ツール、および優れたマーケティングにより、Excelは最も成功したパーソナルコンピューターデータ処理ソフトウェアです。
私のような一般人にとって、Excelの役割はテーブルのデザインと編集です。 しかし、専門家の手に渡って、Excelは強力な編集ソフトウェアに変身します。

Excel知識編:

Excelのプルダウンリストを作成し、「データの入力規則」を実現します

複数のセルのテキストを 1 つのセルに結合する

3.PowerPoint

Microsoft Office PowerPointは通常pptと呼ばれています。PowerPointはプレゼンテーション資料を作成できるだけでなく、対面式の会議、リモート会議を開催したり、ネット上で視聴者にプレゼンテーションすることもできます。 PowerPointで作成されたファイルはプレゼンテーションと呼ばれ、その形式の語尾は、ppt、pptxまたはpdf、画像形式、ビデオ形式などになります。 プレゼンテーションの各ページはスライドと呼ばれます。

私たちは通常、論文発表のppt、仕事まとめのppt、プロジェクト紹介のpptなどのプレゼンテーションを行うためにpptを使用します。pptを使用することで、 特定の情報を普通のファイルより詳細で衝撃的な視覚体験を聴衆に提供できます。

4.OneNote

Microsoft OneNoteは、フリーフォームの情報取得およびマルチユーザーコラボレーションツールです。

OneNoteは、実際には私たちがよく知っているラベルが付いた3リングバインダーの電子版です。ノートの記録、スキャンされた「ページ」や他のアプリケーションから送信されたページを収集したりできます。 ページはバインダー内で移動できます。同時に、電子インクを使用してメモを追加したり、テキストや図面を処理したり、マルチメディアビデオやWebリンクを埋め込んだりすることもできます。 OneNoteは、さまざまなところから収集された情報のコンテナの資料庫として、授業または研究プロジェクトからの大量の情報を整理するのに非常に適しています。テキスト、オーディオ、ビデオを使用してノートを作成することができます。

一般的に言えば、OneNoteは電子ノートブックですが、機能が非常に強力で、オーディオとビデオを使用でき、複数のコンピューターで編集したり、複数のユーザーが操作したりできます。 使用方法をマスターしている人にとっては、非常に美しいページをデザインすることができます。

5.Outlook

Microsoft Office Outlookは、Microsoftの主要なメール送信およびコラボレーションのクライアント製品であり、Windowsに付属するOutlook Expressの機能を拡張しています。 Outlookには多くの機能があり、メールの送受信、連絡先情報の管理、日記の作成、スケジュールの作成、タスクの割り当てに使用できます。 最新バージョンはOutlook 2019です。
Outlookは実際には携帯電話のメールボックス管理ソフトウェアに相当しますが、日記、カレンダーなどより多くの機能が備えています。Outlookの機能は一般の人々にはほとんど意味がなく、多くの代わりものがあるため、Outlookを使用する人は少ないです。

Outlookには面白い機能があります。添付ファイルのない電子メールの送信を防ぐことができます。 新しいメールを作成し、「添付(attachment)」または「追加(attach)」という単語を入力した後、添付ファイルを追加せずにメールを送信しようとすると、添付ファイルの追加を忘れた可能性があることが通知されます。

6.Access

Microsoft Office Accessはデータベースアプリケーション開発ツールソフトウェアです。その開発オブジェクトは主にMicrosoft JETデータベースとMicrosoft SQLServerデータベースです。Accessは、Microsoftがデータベースエンジンのグラフィカルユーザーインターフェイスとソフトウェア開発ツールを組み合わせたデータベース管理システムです。 ACCESSは、Access Jetに基づくデータベースエンジンに独自の形式でデータを格納します。 また、データを直接インポートまたはリンクすることもできます(データは他のアプリケーションやデータベースに保存される場合)。

ソフトウェア開発者とデータアーキテクトはAccessを使用してアプリケーションソフトウェアを開発でき、上級ユーザーもAccessを使用してソフトウェアアプリケーションが構築できます。 ACCESSは、Visual Basicマクロ言語をサポートしています。これは、DAO(データアクセスオブジェクト)、ActiveXデータオブジェクト、およびその他の多くのActiveXコンポーネントを含むさまざまなオブジェクトを参照できるオブジェクト指向プログラミング言語です。

一般に、Accessは一部の小規模企業、小規模組織、または一部の部門でのデータ分析およびソフトウェア開発に適していますが、通常のユーザーバージョンにはこの機能がなく、この機能を使用することもありません。

7.Publisher

Microsoft Office Publisherは、Microsoftがデスクトップのアプリケーションソフトウェアです。 これはエントリレベルのデスクトップ出版物を編集するアプリケーションソフトウェアと見なされており、Microsoft Wordよりも強力なページ編集機能が提供できますが、プロフェッショナルなページレイアウトソフトウェアよりもやや劣ります。

一般的に言えば、出版物の表紙、パンフレット、ポスター、その他の印刷物などの出版物の制作に使用されます。 しかし、その機能はこの種のプロフェッショナルソフトウェアほど強力ではないため、広く使用されていません。

8.OneDrive

OneDriveはMicrosoftのクラウドストレージサービスプラットフォームであり、Microsoftアカウントを通じて情報が管理できます。

OneDriveの最も一般的に使用される機能はオンラインOffice機能です。Microsoftは、OfficeとOneDriveを組み合わせています。ユーザーはオンラインで作成、編集、および文書を共有することができ、ローカル編集オンライン保存またはオンライン編集ローカル保存などのローカルの文書編集と任意の切り替えを行うことができます。 オンラインで編集されたファイルはリアルタイムで保存されるため、ローカルで編集する際のパソコンのクラッシュによるファイル・コンテンツの損失を回避し、ファイルのセキュリティを向上させることができます。

OneDriveは、指定されたファイルや写真、あるいはフォルダ全体を共有したり、アルバムを自動的にバックアップしたりすることができます。パソコンのクラウドサービスプラットフォームのようなものです。

9.Skypefor Business

Skype for Business Onlineは、会議に参加している人々へいつでもどこでも連絡することをサポートするコミュニケーションサービスです。 また、インスタントメッセージ、音声およびビデオ通話、豊富なオンライン会議、Web会議機能など、出席情報へのアクセスをサポートしています。 Skype for Businessはビデオ会議ソフトで、企業の管理、オフィス、会議などに一般的に使用され、一般ユーザーはほとんど使用されていません。